増々広がる防犯カメラの需要

  • サンプルページ
  • Archives
  • Categories
  • 性能の高度化する防犯カメラ

    12月 2nd, 2014

    現在では、防犯カメラの性能が高度化してきつつあるのではないかと考えられています。様々な場所で防犯カメラが利用されるようになり、設置されている場所も飛躍的に増加してきています。このようなカメラの性能が向上することにより、多くの場所の安全性が確保されることに繋がるとされているため、良い動きとして認識されているのではないでしょうか。撮影された映像をしっかりと解析できる点や映っている人を特定できる点など、多岐にわたるポイントで性能が高くなっていると言えるでしょう。
    今後も防犯カメラの性能は、一層高い状態に至ることが予測されています。そのため、様々な場所で防犯カメラが積極的に導入される動向がより活発なものとなり、これまで以上に多くのところで安全が確保されるようになっていくものとみられています。このような傾向が如実に見受けられることにより、防犯カメラを活用するケースも度々見受けられることが予測されるのではないかと思います。

    監視カメラの映像はなぜ不鮮明なのか

    11月 27th, 2014

    よくニュース番組などを見ていると、監視カメラからの映像で犯人を捉えて、その特長と共に情報公開されることがあります。いつもそんな映像を見ていて思うのですが、もう少し鮮明に映らないものかと疑問です。
    最近はカメラの性能もどんどん良くなってきており、私たちが使うようなスマホのカメラでさえもっと鮮明な映像です。
    それなのにいつまで経っても監視カメラや防犯カメラの映像は不鮮明なままというのは、どうにも納得ができません。
    そこで考えてみたのですが、ひょっとしたらあえて不鮮明なのかなとも思いました。もっと鮮明に映す技術はあってもあまりに鮮明すぎると、それこそプライバシーの侵害などの問題が起こってくるのかもしれません。
    確かに顔のしわやホクロまでくっきりと映してしまうと、私のような一般市民がそこに映る場合あまり良い気分にはなりません。
    プライバシーと犯罪を捉えるという二つの問題は人によって考え方も違うと思うので、かなりデリケートな問題ではありますが、万が一のことを思うといくらよい気分にはならないとはいえ、ある程度私たち一般人が我慢するしかないのかなと思います。